キャバ嬢の差 /昼キャバやセクキャバで飲んで、トークやお酒を楽しもう!
  • キャバ嬢の差

    昼キャバで働くキャバ嬢は夜のキャバクラで働くキャバ嬢と違い、本業を別に持っている人が多く居ます。なので、話をしている時に少々違和感を感じてしまう時もあるので、それも楽しみにしながら利用してみましょう。

    read more »

  • セクキャバで飲もう

    お酒を飲むと無性にエロいことをしたくなる、エロくなる……という人は、セクキャバという店舗を利用してみましょう。過激にお酒を楽しむことができるので、エロい気分になってもしっかりと楽しむことが出来ますよ。

    read more »

  • 昼からセクキャバを

    セクキャバを利用して楽しみたい、でも外は太陽が燦々と照っているような時間だからセクキャバは開いていない……と思っていませんか?実はセクキャバの中には、昼キャバとして営業しているセクキャバも有るのです。

    read more »

  • 家に帰ってきた
  • ソファーでくつろいでいる
  • ドレスを着た女性

キャバ嬢の差

家に帰ってきた

昼から利用できるキャバクラである昼キャバという店舗ですが、この店舗で受けることが出来るサービスの内容というのは、夜その場所で営業しているキャバクラと同じものになります。
なので、お酒を夜のお店と同じように楽しむこともできますし、キャバ嬢と楽しくトークをする事も出来るのですが、普段夜のキャバクラを利用している人が昼キャバに来た時、キャバ嬢とトークをしていると違和感を感じる場面が多数出てきます。
その違和感の原因は、昼キャバで働くキャバ嬢と夜のキャバクラで働くキャバ嬢の仕事の差があります。

夜のキャバ嬢というのは、仕事時間が昼夜逆転生活を送っているため、昼の間に別の仕事をして、夜はキャバ嬢をして……という、働き方をするのが非常に難しく、必然的に専業キャバ嬢が多くなります。
その分、トークスキルなども非常に高くなっていき、キャバ嬢としてのスキルが非常に高い女性になっていくのですが、昼キャバは夜のキャバ嬢生活を送った時のように、昼夜逆転生活を送らなくても済みます。
なので、昼普通に仕事をしている、大学や専門学校に通っている……という人が、仕事や学校が休みになる週末などに昼キャバでキャバ嬢をしていたり、夜は自宅で家事をしないといけないような女性が昼の時間働いていたりします。
つまり、昼キャバで働く女性というのは、本業をなにか持っている人が非常に多いのです。

なので、昼キャバを利用して楽しむ際、夜のキャバクラと同じようなテンションや勢いで話をしていると、相手の女性がついてこれず、独りでから回ってしまう可能性も0ではありません。
そのため、昼キャバを利用する際には、昼キャバの楽しみ方をする、というのを意識しながら楽しんでみましょう。
そうすることによって、しっかりと昼と夜の楽しみを分け、同じような楽しみ方をするよりも幅広い楽しみ方が出来るようになります。